ホーチミンTシャツ

夫が着るTシャツに文句を言うのをやめてどれほど経っただろう。私が「変!そんなの着てる人と一緒に歩きたくない!」と言えば言うほど、夫は興奮して変なTシャツを買い、喜んで着るのである。 そんな夫のここ一年ほどヘビロテしているのがホーチミンTシャツ…

ようやく声の主が判明

入社して早いもので数か月が経過した。入社したときから気になっていたミスターWの特徴のある甲高いでかい声。予期せずお隣さんになった今、そのばかでかい声にビクビクせずにはいられない。 入社した初日、ミスターWの声に聞き覚えがあった。みんなが知って…

席替えパート2

環境が変わるのは嫌いだ、と何度も訴えているのに(心の中で)職場でまた席替えがあった。ここは小学校じゃないんだから、いい加減決まった席に座って仕事するわけにはいきませんか、と言いたいけどそんな立場ではないので無理。 今回は私の席が勝手に変わっ…

狭小の洗面所からこんばんわ。

夫が陰ながら応援しているのが「にこるん」。何を基準にしているかは知らないが、同じような立ち位置のタレント?モデル?の中ではにこるんが一番頑張っているんだそうだ。ていうか他に誰がいるの?こじるりくらいしか思い浮かばない・・・。 そして、にこる…

どっちのが悲惨か

この先30年も働かなければならないと思うと、病まずにはいられない。30年というと、だいたい小学校入学から大学卒業を二回やれるくらいの長さだ。学生時代もたいがい病んでいた。中学校に上がったらどうなるのかとか、高校受験失敗しないかとか、どこの大学…

【ミニマリズムジャーニー】捨てるのが苦手な夫の場合

朗報です。断捨離を実行していると家族にも伝染するというのは事実です。私がどんなに断捨離について熱くプレゼンしても、クールに断捨離を実行していても、どこ吹く風を決め込んでいた夫がついに、筋肉が発達しすぎて着ることができない服を処分することに…

真顔で上下、そして汗まみれ feat. スクイージー@風呂場

お風呂終わりの水気切り用にスクイージーを導入した。スクイージーの存在を知ってはいたが、どこに売っているのかも知らないし、使い続けるか分からないものに108円以上を使いたくなかったのだ。でもダイソーで割と使いやすいスクイージーが売っていると知り…

【ミニマリズムジャーニー】進まない漫画の処分

漫画の整理ほど進まないものはない。数百冊にもおよぶ、ほぼ読まないけど何となく思入れのあるような気がする漫画を棚から取り出し、お金とか挟まっていないかペラペラめくっていると、気がついたら読みふけって夜。そして全然お金挟まってない。 処分候補一…

灰色というか黄土色の週末

職場の可愛らしい年下の女の子に、週末何をしていたのかを聞かれた。思い返してみると、私がしたことといえば、睡眠、飲食、入浴、読書、家事くらいで面白味もクソもなく、灰色というか黄土色みたいな感情がふつふつと湧き上がってきた。 詳細を伝えてがっか…

社長の身になにが。

どうやら社長までもが五月病にかかった疑惑が浮上している。朝は元気に社長出勤してくるものの、ふらーっと外へ出かけたり、いつのまにか戻ってきていたり、オフィスの中をふらふら歩いて突然背後から「ゴールデンウィークは楽しかったですか?」と話しかけ…

穢れた毛抜き

夫が蓄膿やそれに関わるもろもろの手術をしてもうすぐ二か月。手術が終われば私には快適な睡眠生活が待っている、はずだった。そのためには私の給料一か月分ほどもかかる高額な手術費も安いもんだ、と思おうと努力もした。 夫曰く、鼻の通りはものすごくよく…

果てしない英文法マスターへの道のり

英文法の勉強をしている。文法なんか分からなくても死なないから勉強しないと悪ぶっていたばっかりに、確かに死にはしないけど仕事に支障をきたしはじめ、もういい加減ごまかしがきかなくなってきた。 どういうことかというと、文法上分からないことを上司に…

筋肉夫が手に入れた不思議な能力

こんなことを突然書くのは馬鹿馬鹿しいし、ふざけていると思われるのも心外なので今まで沈黙していたが、もう黙っている事ができないところまできてしまった。実は乙女な筋肉夫がついに予知能力を手に入れたかもしれないのである。 予知能力なんてそんなもの…

だから嫌だったんだ、裏切られるから。

人に裏切られることはありそうで意外とないと今まで思って生きてきたのだが、先日これこそが裏切り行為という感じで、それはもうきれいに裏切られたので、その経緯をここに報告したい。 突如髪の毛の量が三倍に増えたため美容院に行ってきた。本当にある日突…

くさくさした気持ちを消化するにはもうアレしかない

五月病になった。やっぱりな。ゴールデンウィークが終わり、日常がさっさと戻ってきたことが原因だ。ただでさえこの悲しみからくるざわざわした気持ちをどこに持って行ったらいいのか分からないのに、夫の仕事帰りに一緒に行ったスーパー前で「なんで昼間に…

明け方に出没 妖怪 捨て魔

朝日が昇る前から袋を片手にいらない服を物色していたのだ。なぜって、4時半に目が覚めたからだ。それもこれもゴールデンウィークが終わってしまったからだ。その事実を受け入れられないから4時半に目が覚めて、居ても立っても居られずおもむろに袋を持って…

ピクニックからの学び

ようやく晴れてきた連休後半。前半の4月後半とは思えない寒さ、そして雨風が嘘のように青空が広がっている。ウキウキと作ったTo doリストがあまりにも無残な結果になり、人間としてどうかと思うレベルまで来たので、少しでも挽回を図ったほうがいいんじゃな…

正午に友人宅最寄駅に行くこと

連休中の唯一の予定といえる予定は、友人の家に遊びに行くことであった。ゴールデンウィークが終盤に差し掛かった5月某日、ついにXデーがやってきた。ターゲットは、正午に友人宅最寄駅に行くことである。多くの人には問題なくこなせる「正午に友人宅最寄駅…

To doリスト ゴールデンウィークスペシャルエディション

ゴールデンウィーク前にせっせと作ったのはTo doリスト。せっかくの大型連休、特に出かける予定もないし、普段めんどくさくてほったらかしにしていることをやってしまおうと張り切ってTo doリストを作った。作ったのはいいが、気が付いたらリストを見返すこ…

元号が変わったとき、わたしは。

世間が「平成最後、令和元年」と騒ぎに騒いでいる中、特別なことをするというアイデアすら浮かばなかった私は、特別感ゼロのいつも通りの晩ごはんを食べ(好物のペペロンチーノを出された夫は喜んでいた)、いつも通り日付が変わる前に就寝していた。目覚め…

寒いからインド映画

うちにはゴールデンウィークというものがない、夫が仕事だから。それはまあいいのだが、でもやっぱりピクニックくらいしようと出かけることにウキウキしていたのだ。私の認識というか、例年であれば確かゴールデンウィークは少し暑いくらいになり、ピクニッ…

ブートキャンプへの強制入隊

太りに太ってジーパンすら履けない状態のモモコ。そのせいで半ば強制的に乙女系筋肉夫主宰のブートキャンプに入隊が決まったのはつい先日のことだ。そもそも学生時代から体を鍛えてきた人間に言ってはいけなかったのだ「やせたい」という一言を。今世紀最大…

四月の本

今年に入り、毎月のように「今月は全然読めなかったから来月はもっと読む」でやってきましたが、今月も「今月は全然読めなかったから来月はもっと読む」ですありがとうございます。 どうせそんなに読めないんだからもう読書記録やめれば、と言いたいそこのあ…

はじめてのゴールデンウィーク

10連休に戸惑いっていると表面上は装いつつも、ちゃっかりしっかり享受しているゴールデンウィーク。なんと社会人になってはじめてカレンダー通りに休めるのだが、それがこんなに幸せなことだったとは。私が知らぬ間に世の中の人はこんなに人生を謳歌してい…

冷酷非道な嫁だと思ってもらって構わない。

つい先日、義実家(というか義母)に対する憤怒をぶちまけたばかりだが、虫けらの様に扱われて尚、家族のことを大切に思う夫の気が知れない。こんなことで家族を疎ましく思う俺は未熟、と反省モードの乙女筋肉夫。怒りこそすれ、なぜ反省。全く理解できない。…

食欲減退の原因

体調を崩しても食欲旺盛なこの私が食欲減退の危機に瀕している。激太り解消キャンペーン中だからよかったねって全然よくないんである。なぜなら職場で食欲減退しているだけだから。お昼に食べれないから家帰ったらお腹空いてるし、お昼食べれない分いっぱい…

今日から100万円貯金始めます。

体重が右肩あがりだったのは分かっていた。だが、気づかないフリというか気のせいだと思うようにしていた。例えば、このパンツは洗ったばっかりだから縮んでいるだけ、とか、今日は足がむくんでいるだけ、とか。私に非はない、と現実から目を逸らしてきた。…

最低な嫁だと思ってもらって構わない。

腹が立っている。何にって義母の老害具合にだ。普段からデリカシーのないことばかり言う人であったし、今まで散々なことを言われてきたが、もう向こう三年は会わないと決意した。 話の流れで老後の話になったのだが、老後の面倒は私たち夫婦にやらせると明言…

ほとばしる母のエネルギー

還暦間近の母の勢いがすごい。年々しぼんで行くとは反対にエネルギーが倍々になっていっている気がする。本当に血がつながっているのか怪しむほどのそのほとばしる母のエネルギーは一体どこから湧いてくるのか。 母の身に何が起こっているのかというと、まず…

やつらとの闘い

通勤という行為はまさに戦いだ。私は今、人生初めての電車通勤をしている。今までの人生で電車通学や電車通勤を経験したことがなかった。電車で学校や会社にやってくる人たちがなぜ来るなりあんなに疲弊していたのかが、今なら理解できる。何なんだあの協調…