仕事

さっさと奥の手を出せ

優柔不断な社長のせいで、わが社がテレワークをするのかしないのかはいまだ不明だが、私の方では今日ついにテレワークをやるための設定が完了しましたのでご報告させていただきます。 私が自宅でお好み焼きを食べながらやったテレワークの設定が全くうまくい…

テレワークするのかしないのか

コロナウイルスの流行のため、うちの社長も「手洗いうがい、消毒徹底!」「マスクつけろ、ないなら作れ」「検温は一日二回」「テレワークの導入」など日々色々なことを言ってはスタッフを動揺させている。 特にテレワークに関しては、「このシステムを使って…

敵に回してはいけない人

世間の多くの会社同様、年度末で繁忙期の我が社では、以前から残業する人はちょこちょこいたものの、先日ついに徹夜した人が一名誕生。翌朝出勤してみると、一晩中つけっぱなしの暖房で常夏のような暑さになっている社内に、独特の重苦しい空気間を漂わせ廃…

旅行明けの出勤問題

旅行明けの出勤はなぜこんなに憂鬱なのか、という問題がある。腹の立つ客や迫る納期、意味不明な英語と戦わなくてよい夢のような日々を過ごしたのだから当然といえば当然かもしれないが、今回に限っては違うのである。 旅行前にさかのぼるが、私は旅行前にあ…

ため息しか出ない。

ある日「ここに日本語で書かれたメールの文面を英語に翻訳されたものがあります。二つを見比べて間違っているところを全て修正しなさい」という受験生のような業務を仰せつかる。一見なんの変哲もない業務には実は知られざる複雑怪奇な罠がところどころに仕…

英語は奥が深い

先日出勤すると、久しぶりに何もすることがなくて困った。突如として意欲が湧いてきた私は自習をすることにした。職場の「手が空いていますので手伝えることがあったら仰ってください」ルールを発動することもできなくはなかったが、とにかく自習することを…

今週のモモコ

やっと金曜日である。8万字の報告書を読みきらねばならない、という重大任務に押しつぶされた一週間であった。8万字の報告書だけをやっていればいいのなら終わるのだが、職場の人間はこれをやれ、あれをやれ、これを見ろ、あれはどうだ、と好き勝手に言うし…

月曜の朝一だからやめて

今朝出勤するなり、私のところにやってきたCさんが、いきなりまくしたてる。 「あのっお願いしたいことがあってっ今日は忙しいですかっ」 「8万文字の報告書を読まないといけないので忙しいっちゃ忙しいん」 「それではですねっこれなんですけどっあっまずは…

病んでるわけでも自分探ししてるわけでもない。

年度末が近づいているので職場が忙しいっぽい。こんな曖昧な言い方をしなければならないのも、毎日残業したりメールの対応に追われている人もいれば、一時間置きに催促のメールや電話が来て大変そうだと思いきやそれを全て華麗に無視し火に油注ぐようなこと…

複雑な女

仕事中、暇だったのでMBTI診断という性格診断をして遊んでいると、その結果が的を得ているようで得ていなくて大変興味深い。 診断結果によるとINFJ型らしく、代表される有名人はマザーテレサやガンディー、ネルソン・マンデラなのだが、異端どころでいうとヒ…

一両日中

わが社にちっとも料金を支払わないS社の滞納金が一千万円近くにのぼっていることが判明したのが約半年前。遅ればせながらわが社のおとぼけ社長がどうにかせんとアカンと言い始めたのが約数か月前。社長が乗り込んでいってS社の社長と話し合いをもったのが数…

動悸息切れ

正月休み中に寝てばかりいたからか、通勤時動悸息切れに苦しめられ早五日目。特に会社最寄駅の地下から地上に上がる階段が長く果てしなく、登り切るのが大変つらい。あと、ホームから改札に行くまでの道のりも遠いし、自宅の最寄り駅の地下から地上に上がる…

親切な同僚

格安スマホにしようかしまいか悩み過ぎてハゲそうなので、普段からとても親切な同僚に世間話がてら意見を求めたところ、その同僚は格安スマホを使っておらず、そういうことも全然あり得るので全然いいのだが、ややこしい案件ばかり抱えて泣きそうだと言って…

ゾっとする話。

正月休みを終える心の準備が全く整わないまま新年初出勤。休み中は仕事内容を忘れないように毎日勉強するという目標は1日たりとも実行される事はなかった。自分で言うのもなんだが、全然驚いていない。 そんな面持ちの中、新年早々「モモコさん、今年からは…

みな心が浮き足立って

週に五日働いて心が荒みきったところで正月休みに突入。職場ではみな心が浮き足立って仕事どころではなく、大掃除する者あり、正月に開催される家族麻雀大会に向けてルールのブラッシュアップに勤しむ者あり、という自由空間で一応仕事を納める。こんなこと…

誰か注意して

幾度となく、私をいらつかせてきたW氏。コーヒーをすする音、耳の遠い老人に話しかけるように轟かせる大声、退社10分前に仕事を依頼してくる時計の読めなささ。何度胸ぐらを掴んでメンチきってやろうかと思ったことか。 誰の呪いか知らないが、体調がすぐれ…

師走の傾向

なぜクリスマスイブに働かなければならないのかという疑問を解決できぬまま出勤。来年は気がついたらホリデーシーズンに働くなんてことにならないよう、年末に取り組む業務については十分に見極めようと思う。 ところで、師走の私の周囲で起きている現象の傾…

飲み会に参加しないワケ

忘年会シーズンである。我が職場も、先々週あたりから忘年会をどうするか、という話題がのぼりだしたのだが、今現在、いつどこで忘年会をするのか、むしろ忘年会するのか、という段階である。 私が入社してから三回ほど会社主宰の宴会が開かれているのだが、…

涙をこらえて

よく分からないまま、気がついたら来週、平成の天皇誕生日もクリスマスイブもクリスマスにも働かなければならないことになっていた。平成の天皇は上皇になり、仏教の国日本としてはクリスマスは祝日でも何でもないただの平日なので、働いて当たり前と考える…

業務と妄想の狭間で

今週の仕事も本当に大変だった。どれくらい大変だったかというと、週の半ばに突然業務について何もかもが分からなくなり、私にできるのはフリーズすることだけ、というくらい大変だった。入社してもうすぐ一年が経つというのに、以前教えたことを再び何から…

共に威厳を放とう

本日社長は出張へ。威厳ゼロの社長が取り仕切っている会社のため、普段からぬるま湯の職場ではあるのだが、社長がいる時は一応みんなそれなりに気を使っているらしく、社長がいない今日はいつもに増して言いたい放題なのであった。 主に「社長がいない間に忘…

週五日働いて判明したこと

何年かぶりの週五日勤務が終わった。どうってことなくは全然なかった。朝起きられないし、着る服決められないし、遅刻ギリギリだし、お弁当がしょぼいし、帰ってからの家事が辛いし、眠いしって思っていたら結膜下出血を発症。だから言ったのだ、週五日も働…

全力の月曜日

ついに来てしまった、12月が。毎日、神社にお参りし、お月さまにもご先祖様にもお祈りしていたのに、私の渾身の祈りは微塵も受け入れられることがなく、普通に12月になった。 平常心を装って出勤。とてもどきどきしている。うまく仕事ができるか、とかそ…

本日の使命

出勤したのはいいが、何もする事がない。暇な私の本日の使命は「忙しそうにしている周りの人に溶け込むように仕事をしているフリ」をすること。我が社には、する事がない時に「今手が空いていますので、何かあればおっしゃってください。」と言う、という暗…

お詫びの日

私の渾身の祈りの成果もなく、着々と12月に近づいていっている。つまり、着々と週に五日も働く日々が近づいているということである。こんなに悲しい思いをしたのはいつのことだったか思い出せないくらい、とても悲しい。 そんな大きな悲しみを抱える中、先週…

寒さのあまり心が荒んで私は

久しぶりに出勤。恋多き女のような予期出来ない天気や気温のせいで、何を着たらいいのか分からない。外は寒いけど電車や職場の中は暑いし、日陰は寒いけど日向は暖かいし、服を着たり脱いだりするのは面倒だし、天気はこんなに私を翻弄して一体どうしたいの…

聞いても無駄なこともあります。

会社であまり喋ったことがない人に「なんで12月からも終業時刻の18時までじゃなくて、16時までしか働かないんですか?」と突然聞かれる。あまりにも唐突だったので、「じゃああなたはなぜ18時まで働いているんですか?嫌じゃないんですか?どうやって耐えて…

方向音痴の運命と直感

今日は仕事で外出。普段、会社から出ることはめったにないので大変緊張する。私にとっては、外で初対面の人と会うこともパニック寸前ではあるが、それよりも目的地に何事もなく時間通りに到着できるかどうかが最大の試練である。 方向音痴の人間にとって、駅…

社長の日々

某日。9:10に出勤。うちの会社には特に決まった就業開始時間がないが、とりあえず9:00目指して出勤しようという意志が見え隠れする。先週くらいまで9:30ごろ出勤していたのに、こんなに早く来るなんて一体どうしたのだろう。会社にいても特にやることもない…

四連休明けの人間

四連休明けで仕事。四連休を謳歌しすぎたからか、仕事という辛い現実に立ち向かう勇気がないからか、とにかく普段に増して頭が回らない。もしかしたら連休中、特に何もしていなかったからか。四日間も何もせずに堕落した生活を送っていた人間に、突然、はい…