広告

焼ビーフンの作り方 ~ワンカップ事件~

 

突然、焼ビーフンが食べたくなった。

焼ビーフンといえば、ケンミン食品ということなのに、近所のスーパーには置いてなかった。

国内シェアNo. 1なのに、このスーパーはどういう仕入れをしている?

仕方ないので、別の焼ビーフンができる素を買った。

これが、恐らく間違いの始まりだった。

 

パッケージの裏に書いてある作り方には、肉と野菜をいためて、ビーフンを入れて、水をワンカップ。

そのあと、素を入れてなじませて完成。

実にシンプル・簡単、子供でも作れちゃう感じ。

 

ところが。

水を入れたあと、フライパンの中の様子がおかしい。

ビーフンはしっかり水を吸ったのに、水が減っていない。

おかしい。作り方をしっかり見て、水ワンカップ入れたのに。どういうことだ?

 

計量カップを見て驚愕。

ワンカップって、計量カップ一杯分じゃないんですね。

200CCってどういうことなんですか。いつからそれは常識なんですか。

はりきって、2.5カップ入れてた。

 

f:id:momosjournal:20181014081141j:plain

 

でも完成したものはしょうがない。

旦那は以前書いた通り、食にうるさい。焼ビーフンも私が食べたいと言って作っただけのもの。

寝ていた旦那に、一応報告。

「焼ビーフンじゃないものができました。食べたくなかったら食べんでいいで」

 

一応食べていたものの、おいしいの感想はもちろんない。

期待などしておりませんので結構ですが。

 

何を間違えたのか聞かれたから、ワンカップの説明をした。

「不親切な作り方の説明やん!ワンカップて常識なんか」

私にはそのような知識を持ち合わせておりませんので、回答のしようがありません。

 

また一つ、賢くなった。

 数か月後に、今度こそケンミン食品を使ってリベンジしようと思う。