広告

【ミニマリズムジャーニー】 パート1 マグカップ編

 

私はミニマリスト、シンプルライフにあこがれている。

特に今年に入ってから、ミニマリストになりたい衝動が半端ではない。

いろんな本、ブログ、YouTubeを見て、モチベーションを上げてきた。

 

毎日、何か処分できるものはないか、家の中を徘徊している。

今はまだ、処分するものがじゃんじゃん出てくる段階。

旦那に何度、止められたか、嫌な顔をされたか。親にチクられたか(いいことしてるのに怒られるのは私)。

それでもまだまだ家にはものであふれているのである。

減らしても気づいたら増えている、うちだけですか。どこからわいてくるのですか。

 

ゆったり、楽しい生活をするためには、居心地のいい家づくりが絶対必要。

モノにあふれた生活をしていたら、やっぱり気持ちがふさいでくる。

それに、それを片付けるのに四苦八苦する日々は送りたくない。

だって楽しくないもん。

モノが少なければ、管理する時間がとられなくなるし、その分ゆっくりしたり、お昼寝したり、楽しいことに時間が使える。

時間は有限!!

モノを探したり、しまうところを探したり、収納方法を考えたり、

もうそういうのとは卒業したいのだ。

 

以前、といってもついこの間まで、狂ったように洋服を買いあさっていた。

部屋は洋服でパンパン、これ以上しまうところがない、何がどこにあるのか把握できていない、貯金もないどころか、リボ払いしたり、、ついでにお決まりの着るものがない!と叫んでいる毎日だった。

 

もう十分持っているのに満たされない私のハート。

流行を追っている自分スゴイ、おしゃれしていない人は損している!なんて、勘違いも甚だしい。

しかも、残念なことに当時買ったものはほとんど残っていない。ずいぶん高い買い物もしたけれど。

人に譲ったり、売ったり、捨てたり…。 

 

そんなお金があったら、もっと旅に出たかった。

やはり経験、体験すること。

大切な人と過ごす時間がモノなんかよりもはるかに重要なのだ、とようやく気付いた三十路。

 

さて、旦那が仕事で留守なのをいいことに、先日はマグカップの断捨離に取り組んだ。

 

Before

コーヒー・紅茶を飲むのは私だけ。なのにあふれ出るカップたち…!

 f:id:momosjournal:20181016082556j:plain

 

Maybe(処分を検討するもの)

頂きものが多い。めったに使わないカップたち。だってお気に入りを使うもん。出番、なかなか来ない。

f:id:momosjournal:20181016082723j:plain

 

After

ほとんど沖縄旅行の時にやちむんで買ったお気に入りばかり。

紅茶を入れている入れ物(なんていうのか分からない)まで収めて。

f:id:momosjournal:20181016082827j:plain

  

一応、二人で暮らしているので、少し様子を見て処分しようと目論見中。

でも意外と怒られなかった。拍子抜けした。

旦那も、だんだんとミニマル思考、シンプルライフに感化されてきているのだろうか…!

このまま、波に乗れるだろうか…!!