広告

そんな連打せんでもええやん

夫とともに帰宅し、マンションのエレベータに乗ろうとしたときのこと。

中にすでに人がいて、閉まりかけているドア。

早く部屋に帰りたい私は開けるボタンを押す。

扉が開く。

私は先にエレベータに乗り、後に続く夫も乗れるよう開けるボタンを押そうとした、その時。

 

先に乗っていた女子高生が、イライラ全開で閉めるボタンを連打しはじめた。

開けるボタンを押す私の横で閉めるボタンをひたすら連打!!

ちょっと、待ってやー!

 

関西にはエレベータのボタンを連打する人間多いのはよく知っている。

だが!開けるボタンを押しているにもかかわらず、閉めるボタンを連打する人はおらんかった。

早く家に帰りたいのは分かるけれどもそれはあかんやろ?

 

そんな中、それを知らずに悠長にエレベータに入ってくる夫。

 

そういうことがあるたび、相田みつをさんの「セトモノ」(ACジャパンのCM)を思い出す。

セトモノはほんまにいろんなところにおる。

自分はセトモノになってはあかんのである。

やわらかい心を持たないとあかんのである。

 

その女子高生にACジャパンのCM見せてやりたい(理解するのかは知らんが)。

セトモノに今からなってたら、後の人生しんどくなるで(余計なお世話)。

と勝手に心配している私であった(いらぬおせっかい)。

 

f:id:momosjournal:20181021172251j:plain

嵐山の竹林

イオン浴びなはれ