広告

物欲に負けたのは誰

はい、この私です。自分の欲望などちっともコントロールなどできませぬ。

つい先日ユニクロで物欲に打ち勝ったと喜んでいた矢先のこと。早速物欲という怪物に易々と負けたのであった。

 

 

夫とブラブラしていて、古着屋さんに入った。私は古着屋さんで掘り出し物にめったに出会わない。古着屋というのは、どこに何があるのかも分かりづらいし、だんだん頭が混乱してくるし、第一、基本的にこれが欲しいと思って買い物に行くからあてもなく探さなくてはならない古着屋では何も見つからないのである。

 

ユニクロにお世話になりまくりの私が言うのも説得力ないけど、ファストファッションを買い物するよりは、古着屋で買う方がよっぽどエコな買い物だと思う(ほんと言い訳はそろそろやめた方がいい)。実際、世界のミニマリストたちは、古着屋で買い物せよ、と勧めている。ある人にとっては不要なもの(ゴミ)であっても、他の人にとっては宝になりうる(まじでやめろ)。

 

というわけで(?)、連れて帰ってと私に目線を投げかけてきたのはこの子。

 

f:id:momosjournal:20181024113844j:plain

 

私はセーターにかんしてはほんとに歯止めが利かないことが多くて、家の中はセーターであふれている。断捨離しようにも、どうにもうまくいかない。もう一生分のセーターを持っているけどこうしてまた買ってしまったし。足るを知れへん・・・。

 

買い物をしない為には、その場では買わずに、何日間か考えて、それでも必要な(欲しいではない)ものは買ってもよい、そもそも迷うようなものは買うべきではない、というルールのようなものがあると思う。それをことごとく全て無視し、何日もかけて考えることもせず、欲しいから購入した私はほんとうに頭がどうかしているのだろう。

 

さて、反省するのはこのくらいにして、スウェットを脱ぎ、この子を着て秋を愛でるために散歩しつつ図書館に行こうと思う。