広告

台所仕事

夫は燃費が非常に悪い。基礎代謝が死ぬほどいいらしい。数年前、晩御飯をスムージーにしてランニングに出かけたら、途中で動けなくなり、コンビニのおにぎりを食べさせないといけなくなったくらい、燃費が悪い。何でそんな体にしたんだ。

 

そんな昨日、夫はやたらとお腹が減っていて、食べても食べても満たされぬ腹。でも、米を食べたがらない。やっかいな人である。晩御飯に、肉を食べたいとやたらと言うので、木綿豆腐一丁、パプリカ(黄色)一個、手羽元と大根の煮物、鳥むね肉の鶏ハム、餃子という何とも奇妙な献立になった。写真に撮るのが恐ろしいほど(ぜひ頭に思い浮かべて欲しい)、なんとも色味の悪い、ほとんど白いものばかりだった。

 

翌日のお弁当用にまたさつまいものサラダを作れというので、夕食後にもそれもせっせと作った。さらに、たんぱく質の鬼である夫いわく、高野豆腐は高たんぱくとのことで、高野豆腐も作った。気が付いたら、その日、ずっとキッチンに立ってなにかをこさえていた私。そしてほとんどが夫の胃袋に消えていく切なさ。

 

今日は今日で朝からまた鶏ハムを仕込んだ。あと、野菜が食べたいとリクエストされている。昨日は肉で今日は野菜。数日前にできた口内炎が死ぬほど痛いらしい。その割には、朝からホットケーキをむしゃむしゃ食べていた。私には到底理解できないレベルで、夫の中では何か筋が通っているのだと思う。

  

f:id:momosjournal:20181028101626j:plain

鶏ハムは、塩コショウぱぱっと入れて、酒をたらーり入れてもむ。ジップロックに入れたまま、沸騰した鍋で20分茹でたら完成。