広告

【メンタルヘルス】大人のぬりえ

まだ働いていたころ、仕事がつまらないから、何か新しいことがしたいなと思ったときのこと。お金がかかることは嫌だし(絵にかいたような三日坊主だから)、どこかにでかけていかないといけないのも嫌だし(世紀の出不精だから)、難しいのも嫌だし(いろいろ考える事がめんどくさかったから)と、何かを始めたいくせにものすごく後ろ向きだった私。

 

そこで何かで目にしたのが(おそらく私の情報源であるインスタグラム)大人のぬりえ。これならできそうかも、と思ったが、学生時代の美術とか工作の授業を思い出すと、下書きはそこそこ上手なのに、色を塗ったとたん、全てがおかしくなっていたことを思い出した。そう、色のセンスがない。またセンス問題勃発である。

 

いろいろぬりえを見ていると、「マンダラぬりえ」といって、精神を落ち着けられるようなデザインがあることを発見。私が求めているものではないか。そもそも塗り絵自体にリラックス効果があるらしいが、さらにマンダラときた。俄然興味が湧く。

 

夫は嫌な顔はしないものの「そんなに病んでるの?」と少しいぶかし気な様子。そうさ、病んでるけど何か文句ある、これで少しでもリラックスできるならいいじゃないか、ということで購入した。

 

f:id:momosjournal:20181102161824j:plain

 

本には丁寧にぬりえの基本テクニックとかも書いてあって(不器用な私は当然できませんでしたが)なかなか面白そう。

 

f:id:momosjournal:20181102161916j:plain

 

出来栄えや色を選ぶセンスはともかく、なるほど塗り絵は確かに気分が落ち着く。自分の好きにやっても誰も文句など言わないし、たぶん手を動かすことと、集中するから嫌なことを考えずに済むことも関係していると思う。まさに「今を、この瞬間を生きる」ということを体感できた。

 

f:id:momosjournal:20181102162019j:plain

 

しばらくぬりえをしていなかったけど(やっぱり飽き性は健在)、またはじめようかなーと思う月初めである。