広告

掃除を習慣にしてみせる

最近気づいたこと。それは、午前中のうちにやるべきことをやれば、午後、特に夜に気が楽だということ。特に掃除機かクイックルワイパーを夜のもう疲れてしゃーないときにやらなければならないときの憂鬱さよ。

 

やらなければいいのかもしれないが、やらないと気持ち悪くて寝つきが悪くなるから(ただでさえ寝つき悪いのに)やらないとこれまたしゃーない。何もしないで一日を過ごすと決めた日だって、掃除を後回しにしていると、何かに追われているような気がして落ち着くものも落ち着かへん。

 

午前中に済ませてしまえば気分がいいよ、ということに気づいていたけど気づいていないふりをするのももう限界なので、これからは朝に掃除することにする。まあ、飽き性だからどれだけ続くか分からないが。でも、3週間も続ければそれは習慣になると世間一般では言われてみるので(私はたいてい世間一般とずれていることが多いが)、それを信じてやってみようと思う。

 

結局、やる気があるのかないのか。ある日とない日があって、自分でも戸惑う。どのような結果になるのかは、神のみぞ知る。

 

といって頑張る宣言をしたが、やはり私はまぬけである。山賊焼きにしようと買っておいた鶏肉を、全て鶏ハムにするというまさかの自体に大混乱。頑張りすぎは体に毒ですよ、という神のお告げでしょうか。

  

f:id:momosjournal:20181102214812j:plain

予期せず作られた鶏ハム。