広告

おちゃめな夫

私の夫はおちゃめというか、とぼけた人である。決して人間的にできていない人という訳ではなく、家族を大切にする仕事熱心な男であるが、どこか抜けている。

 

たとえば、月に何日あるのか分からない。「今月って何日ある?」という質問を毎月頂いている。冗談抜きで。一応自分でも把握すべく、「にしむくさむらい・・・」とブツブツ言っているが、それでも混乱が収まらないご様子。

 

どこかで寝言を言っている人に話しかけたら、その人の脳が破壊されると聞くやいなや、私の寝言と楽しそうに会話しているというのだ(本人申告)。私の脳を破壊してどうしたいのか。さらに、産業医に「本当に脳は破壊されるのか?」と質問したらしい。医者は丁寧に「破壊されませんので安心してください」と教えてくれたそうだが、そんなに私の脳を破壊したいのか。そこまで切羽詰まっているのだろうか。

 

村上春樹さんが早稲田大学に資料を寄贈したとニュースでやっていた。すると、柿をまるかじりしながら、「研究っていったって、本人生きてるんやから、本人に聞いたらええやんなあ、村上さん、これってどういうこと?って」とテレビに向かって言っていた。どうも独り言ではなかったようで、同意を求められたが、私は文学研究がどのようなものか分からないので答えに困っていたら、夫はたいそう不満そうであった。

 

最近は、職場で後輩たちとTik Tok(ティックトック)の話題になり、堂々とティックタックと言い間違えた、と恥ずかしかったのか、しょげていた。若者たちよ、30代なんてこんなものだから!!でも、普段から大体で物事をみているから、こういう事になる、ともうそろそろ学んだ方がよい。

 

それにしてもTik Tokを使いこなしている方々は楽しそうで感心する。私のような人間がやるには、頭のネジ10本くらいとって、いったん人格破壊させないといけない。夫は後輩たちとTik Tokやろうという話になったそうだが、ついていけるだろうか・・・。

 

f:id:momosjournal:20181104222843j:plain