広告

体調不良がよくならない原因について考えた

ようやくお腹の痛みがおさまってきた。こんなに治りが遅いのはなぜだろうか。病院に行かないからなのか、夫に心配してもらえないからなのか、その夫に脂っこい中辛の麻婆豆腐を用意されそれを食べるしか選択肢がなかったからなのか、オイルたっぷりのピリ辛ペペロンチーノをたらふく食べたからなのか、昼にも夜にもお腹を冷やすアイスを食べたからなのか、辛ラーメンをひとりでこっそり食べちゃったからなのか、なんなのだろうか。

 

今の状況としては、胃と腸近辺を押すと、グルルーとなりますが、私は大丈夫でしょうか。

 

f:id:momosjournal:20181119165608j:plain

野菜たっぷりのペペロンチーノ。

 

過去のことを振り返ってみても、お腹周辺が痛い時に限って刺激の強いものを食べたくなるみたいである。鳥肌胃炎になった時に病院で胃カメラを飲んだ時もそうだった。イケメンの若い医者の前で鼻水とよだれ垂れ流しで検査をし、二、三日は消化にいいものを食べて下さいね、と言われたのに、帰り道にマクドナルドでハンバーガーとポテトをお腹いっぱい食べた。

 

全身麻酔の手術をして数日後退院した翌日に食べたものは唐揚げ定食だった。風邪を併発していて水飲んでも痛いくらい喉がやられていたのに、唐揚げ食べた。でも、同じ病室のおばちゃんはまだあかんって言われてるのに、隠れておいしそうに菓子パン食べてし、私の方がまだマシか。

 

体調不良に苦しむ私を見捨てて飲みに出かけた夫のことはまだ許していないのだが、私がお風呂に入っていると、そっとしておいてほしいのに外から話しかけてくる。ドアに、「F●●K」と書いて追い払おうとしたら、「俺も愛してるで♡」と言ってきた。どうしよう、この人と最近話がかみあわない。治りが遅い原因の一つで間違いなさそうである。