広告

寝つきが悪い原因が分かった件

私は寝つきが悪い。ほぼ毎日寝ようと決意して1時間以上、寝られない。昼寝をしているからだ?そうかもしれない。一日中ぐうたらしてエネルギーがあまり余っているからだ?その可能性も大いにあるだろう。でも、働いていて昼寝してなくて疲れているときから寝つきが悪いのだ。

 

最近その謎が解けた。寝ようとしてからの私の実際の行動は以下の通りである。

 

トイレを済ませてベッドに寝転ぶ。

本を読む。

リビングの戸締りしたか不安になり、確認しに行く。

戸締りされていたのでベッドに戻る。

本を読む。

薬を飲み忘れたことに気づき、キッチンに行って薬を飲む。

薬はちゃんと飲んでいたのでベッドに戻る。

本を読む。

物置部屋の戸締りしたか不安になり、確認しに行く。

戸締りされていたのでベッドに戻る。

ベッドの下やクローゼットの中に小さいおっさんが隠れている気がするので、確認しに行く。

誰も隠れていないのでベッドに戻る。

本を読む。眠くなってくる。

ケトルをコンセントから外し忘れて火事になることを恐れてキッチンに行く。

ケトルはコンセントから外され冷たくなっている。

ベッドに戻る。さっきの眠気がなかったことになっている。

仕方なく読書を再開する。

トイレに行きたくなったのでトイレに行く。

何もでない。

ベッドに戻る。本を読む。

玄関の鍵を閉め忘れたかもしれないので確認しに行く。

ちゃんと玄関の鍵はかかっていたのでベッドに戻る。

本を読む。ようやく眠りにつく。

 

これをほぼ毎日のように繰り返している。完全な変態である。狂気である。自分で書いていてなんだが、クレイジー。毎回窓も玄関も戸締りされているし、薬もちゃんと服用しているし、トイレに行く必要はないし、小さいおっさんはどこにも隠れていないので、もうそろそろベッドに入ったら何も考えずに寝たほうが精神衛生上いい。